バイクシークス

バイクを探している方に向けたおすすめのバイク紹介やバイクに関するニュースをまとたブログメディア

夏にバイクに乗る服装まとめ!暑さ対策はインナーが重要?

 

夏にバイクに乗るおすすめの服装まとめ

夏の半袖でバイク運転は危険!

年々増え続けている夏の猛暑日。原付バイクを運転している男性や女性の服装を見ると、半袖で短パンで軽装備で涼しそうに運転しているのをよく見かけます。

原付きバイクはもちろん、中型バイクや大型バイクを運転するのであれば夏でも、転倒に備えてなるべく肌を露出しないような服装やファッションで無いといけません。

また、女性の場合は軽装備だとアスファルトの照り返し、車のボンネットからの照り返しなどから非常に日焼けしやすいです。

そのため、肌を露出せずにワークマンなどで売ってる夏用の服装やファッションで揃えた方が、安全性も涼しさも獲得することができます。

女性ライダーも男性ライダーと同じ服装にしよう

近年、女性ライダーも増加傾向にあるがなかなか、オシャレでかわいい服装のジャケットやインナーなどが販売されていません。

それ故に、後ろの背中がぽっかりと空いたファッションでバイクに乗っている女性をたまに見かけますが、先ほど紹介した通り非常に危険で日焼けもします。

夏のファッションはこだわらずに、なるべく機能面を重視した服装で運転しましょう。

※下記で紹介するアイテムは女性ライダーでも利用しやすい服装ですので是非参考にしてみて下さい

夏用おすすめのバイクヘルメット

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス GT-Air マットブラック L (頭囲 59cm)
 

安全性を求めるのであれば、もちろんフルフェイスヘルメットです。フルフェイスでもベンチレーションから入った風が入るため、走行中は意外と涼しいです。

また、バイクを停止中に少しでも涼しくしたい!という方にはジェットヘルメットがおすすめです。ジェットヘルメットであれば、停止中であれば簡単にヘルメットシールドを開放することができます。

原付きのようなスピードが出ないバイクの場合は、半ヘルメットでも最悪良いですが、安全面を考慮して他のヘルメットに買い替えることをおすすめします

夏用のヘルメットインナーキャップ

ベンチレーションのないヘルメットを利用している方やヘルメットパットが外せない方、どうしても運転中にヘルメット内部の蒸れが気になる方におすすめなのが「ヘルメットインナーキャップ」です。

汗の嫌なベタつきを抑えてくれるのはもちろん、締め付け具合がほとんど無いストレッチ素材に急汗と速乾性に優れたインナーです。

インナーキャップとフェイスマスクが一体化したインナーも販売されています。

夏用おすすめのバイク用サングラス

半ヘルメットと呼ばれるハーフヘルメットを利用している方なら絶対に装着してほしいのがバイク用サングラスです。半ヘルなら ヘルメットシールドを装着しても良いが、やっぱり蒸し暑くなるため、嫌な方はサングラスを着用しましょう。

夏から秋にかけて、小虫や甲虫などが多く発生しているため、高速運転中は顔にぶつかり思わぬケガや事故につながってしまいますので、半ヘルメットの方はサングラスは装着しましょう。

夏用おすすめのバイク用グローブ(手袋)

バイクグローブは無くても良い!と思ってる方も多いようですが、転倒の際、人間は1番最初に「手」で受け身をしようとするためバイク乗りが1番ケガをしやすい箇所と言われています。

また、冬用のバイクグローブを着用している方もいますが、手汗でハンドルグリップの操作を間違える…なんてことも多いです。

夏用のバイクグローブはメッシュ加工されているナイロン製品がおすすめです。

また、プロテクターが装備されているものを選びましょう。

夏用おすすめのバイクジャケット

バイク乗りの夏であれば必ず購入しておきたいのがバイクジャケットです。

夏用のバイクジャケットであれば、バイク用のメッシュジャケットは走行中に風が通るため非常に涼しくノンストレス。

また、メッシュジャケットの多くは、インナープロテクターがオプションで販売されていたり、プロテクターが装着しやすいような加工も施されています。

安全性はもちろん機能面でも完璧なので、夏用のバイクジャケットはメッシュジャケットがおすすめです。

夏用おすすめのバイク用インナーシャツ

夏用バイクインナーはおたふく手袋で決まり!

それくらい凄い速乾性と冷却感で驚いてしまうほど!Amazonレビューも軒並み高評価でベストセラーランキング1位にも選ばれています。

これは本当に着てみないとわからないと思うので是非、1枚購入してみてはいかがでしょうか?値段もユニクロのエアリズムと、さほど変わらないのも嬉しいですね!

夏用おすすめのバイク用インナーパンツ

先ほど紹介したインナーシャツ同様に、おたふく手袋から発売されているインナーパンツです。下着と同じように利用できるインナーパンツですが、前開きが付いて無いので少し不便。

速乾性や冷却感は先ほど紹介した通りナンバーワンと言っても過言ではないほど!

夏用のバイクシューズ・バイクブーツ

コミネ(Komine) エアスルーライディングシューズ ブラック 26cm 05-068 BK-068

コミネ(Komine) エアスルーライディングシューズ ブラック 26cm 05-068 BK-068

 

夏にバイクに乗る服装で1番困るのがバイクシューズやバイクブーツです。

正直な話、好きなバイクブーツがあるのであればそれを季節問わずに履き続けても良いと思います。ただ、やっぱり革製品のブーツだと熱がこもってしまい匂いの原因にも繋がりかねません…

夏用バイク用靴下・バイク用ソックス

先ほど紹介した、夏用バイクシューズやバイクブーツは買いたくないけど、なるべく安く足元の暑さ対策をしたい!という方には靴下を変えることをおすすめします。

5本指靴下は、蒸れない・疲れない・臭いを抑える3つの要素を持ってるため、靴下を変えるだけで劇的にストレスから開放されます!

夏にバイクに乗る服装の注意点

夏用のバイクの服装を買うならワークマンかAmazon

私は基本的にAmazonで購入していますが、ジャケットなどを実際に手に取って購入したい方はワークマンに行くことをおすすめします!

夏に教習所でバイクの免許を取るなら服装はしっかりと!

教習所ではヘルメットなどのレンタルは場所によっては行っていますが、実技試験前までには一通り買い揃えておいた方が良いです。

最初にジャケットを購入しないと、軽装備で行くと怒られたり実技をさせてくれないこともあるので要注意!

地域によっては高速道路を走る教習所もあるみたいなのでプロテクター類もしっかり揃えておきましょう。

タンデムツーリングは後ろの人にもしっかりした服装を!

アメリカンバイクやクルーザーバイクに乗っている方ならやっぱり後ろに人を乗せたくなるもの!ただ、やっぱり軽装備のまま乗せるのは危険なので、サイドバッグやタンクバッグには、予備のバイクジャケットを入れておくと便利です。

バイク乗りであれば小さな心遣いから常に心がけていきましょう!