バイクシークス

バイクを探している方に向けたおすすめのバイク紹介やバイクに関するニュースをまとたブログメディア

フルフェイスヘルメットの人気おすすめ13選

原付きバイクでも大型二輪でも、バイクにまたがったライダーは第一に安全性を確保したい。

そこで今回はバイクヘルメットのなかでも最も安全性が高い「フルフェイスヘルメットの人気おすすめ13選」をメーカー別に紹介していきます。

人気おすすめフルフェイスヘルメット

目次

SHOEIの人気おすすめフルフェイスヘルメット

SHOEI Z-7

f:id:blog-japan:20170225105203j:image

軽量とコンパクトに力を入れて作られているSHOEIのZシリーズのバイク用ヘルメット。
数多くあるフルフェイスヘルメットの中でもズバ抜けて軽量そしてコンパクト。
スクーターなどバイクの構造上、フルフェイスヘルメットの収納ができないものでも非常にコンパクトなフルフェイスヘルメットなので収まります。
機能面では、吸汗速乾性があるため、蒸れにくくて非常に快適。
フルフェイスタイプのヘルメットでコンパクトのため、スクーターバイク(原付き)を利用している方にも非常に人気があるため非常におすすめできるフルフェイスヘルメットです。

SHOEI QWEST

f:id:blog-japan:20170225105213j:image

SHOEIヘルメットの中でも非常に人気があるフルフェイスタイプ。
街乗り用のフルフェイスヘルメットとして利用はもちろん、長距離走行のロングツーリング用ヘルメットとして利用したりとオールマイティーに使えるフルフェイスヘルメットです。
静音フォルムを採用しているため風の音も静かなのでタンデムツーリングにもおすすめです。

SHOEI HORNET-DS PINLOCK RESTIS

f:id:blog-japan:20170225093155j:image

SHOEIヘルメットの中でもオンロード・オフロード、モタードバイクと様々なライディングシーンで活躍できると非常に人気があるデュアルスポーツモデルのフルフェイスヘルメット。
三段階開閉シールドを装備しているため、光の反射が少なくクリアな視認性も人気の1つ。
高い吸放湿性能を持っているため、ストレスを感じにくいおすすめのフルフェイスヘルメットです。

SHOEI X-TWELVE KAGAYAMA 2

f:id:blog-japan:20170225094015j:image

世界最高水準のエアロダイナミックス性能とフラッグシップモデルにふさわしいデザイン性を両立しているSHOEIのフルフェイスヘルメット。
高速でも安定した走行フィールを生み出すため、長距離走行や高速道路を良く利用する方には非常におすすめしたいフルフェイスヘルメットです。

SHOEI GT-Air INERTIA

f:id:blog-japan:20170225094338j:image

開閉式インナーサンバイザーを採用したSHOEIの新世代のフルフェイスヘルメット。
不快な風の音を発生させないようにして作られたため、タンデムツーリングに非常に人気のあるフルフェイスヘルメット。
また、高い吸放湿性能を持っているためヘルメットを被っていてもしっかり風を感じられるため熱や湿気も排出されやすいおすすめのフルフェイスヘルメットです。

その他のSHOEIのヘルメットはこちら

Araiの人気おすすめフルフェイスヘルメット

Arai PB-SNC RX-7 RR5 NAKAGAMI

f:id:blog-japan:20170225095749j:image

アライのフラッグシップフルフェイスのフルフェイスヘルメット。
「剛さ・軽さ・粘り」の3つに力を入れて作られ、さらに最強のPB-SNC帽体を採用しているため安全性はバツグン。
また、側方の視界がワイドなシールドを搭載してちるため目視もしやすくなったおすすめのフルフェイスヘルメットです。

Arai ASTRO PRO SHADE

f:id:blog-japan:20170225100206j:image

アライのフルフェイスヘルメット「アストロプロシェード」
アストロプロシェードは、多機能な機能面が人気の1つ。
システムパットライナー自体のデザインを変更したため、インターコムスピーカーを入れた際に、耳や頭に干渉しないようになったので長距離走行のタンデムツーリングに最適。
他メーカーのフルフェイスヘルメットに比べると価格も非常に安いのでおすすめできるバイクヘルメットです。

Arai ASTRO-IQ ZERO

f:id:blog-japan:20170225101258j:image

コンパクトでなめらかなデザインフォルムのフルフェイスヘルメット。
形状をみてわかる通り、東部全体を均一にホールドしてくれる。
そのため、長距離走行でも頬周りや頭部が痛くなりにくい。
TDF3ダクトという空気穴があるため、走行の際に発生する風を空気穴から取り入れてくれるので熱や湿気を排出してくれるおすすめのフルフェイスヘルメットです。

Arai QUANTUM-J

f:id:blog-japan:20170225101938j:image

安全性はもちろん、長距離走行での快適性をとことん追求してつくられたクアンタム。
老若男女問わず誰もが被った時に感じる「ホールド感」が最大の魅力。
風切り音も非常に静かでノンストレス。
防曇効果の高いピンロックシートが装着可能なマックス・ビジョンシールドを標準装備しているのでカスタマイズ性も豊富。
ツーリング用ヘルメットとしておすすめしたいフルフェイスヘルメットです。

Arai TOUR-CROSS 3 DETOUR

f:id:blog-japan:20170225102851j:image

人気のあるオフロード系マルチパーパスヘルメット「ツアークロス3」をベースにつくられたアライのフルフェイスヘルメット。
新世代のPB-cLc帽体にフィット感に優れたFCSシステムパッドを採用。
写真よりも実物はかなりカッコいいデザインで、ヘルメットの重心がしっかり真ん中にきているため、重さも感じにくく疲れにくいフルフェイスヘルメット。
長距離走行や高速道路を走行する方にはおすすめしたいフルフェイスヘルメットです。

OGK KABUTOの人気おすすめフルフェイスヘルメット

OGK KABUTO FF-5V VIENTO

f:id:blog-japan:20170225103806j:image

カブトの最上級モデルでどんなアングルでも空気抵抗が均一になるように開発されたフルフェイスヘルメット。
高速道路を走行中も浮き上がりなどがほとんど無く、安定感があり非常に安心感があるが風切り音は少し大きめ。
内装には速乾クールマックスを採用しているため、春〜秋には非常に重宝するバイクヘルメットのためおすすめです。

OGK KABUTO KAMUI Ⅱ

f:id:blog-japan:20170225104500j:image

低価格でこの性能はおすすめせざるを得えない人気のフルフェイスヘルメット「OGK KABUTO KAMUI Ⅱ」
Amazonで購入すれば2万円でお釣りがでてしまう価格設定でありながら、機能面も文句なし。
街乗り程度であれば、風の巻き込みやロードノイズは全く感じられません。
高速道路を走行する際にはやや風の巻き込みを感じてしまいますが、この価格を考えれば文句は無い。

低価格でロードノイズや風の巻き込みを抑えたフルフェイスヘルメットが欲しい方にはおすすめです。

HJCの人気おすすめフルフェイスヘルメット

HJC CL-ST インジェクター

f:id:blog-japan:20170225104848j:image

超低価格のフルフェイスヘルメットで人気がある「HJC CL-ST インジェクター」
先ほど紹介した「OGK KABUTO KAMUI Ⅱ」よりも価格は安い。(Amazon調べ)
しかし韓国製品であるため、安全性については国産のフルフェイスヘルメットに比べると劣っている印象。
ベンチレーションについても真夏でもシールドが曇ってしまう。
そのためドライバーのピンロックシートは必須。予備のフルフェイスヘルメットやバイクの後ろに誰かを乗せる人用のフルフェイスヘルメットとしとは安価でおすすめです。