バイクシークス

バイクを探している方に向けたおすすめのバイク紹介やバイクに関するニュースをまとたブログメディア

バイク用ヒートガードのおすすめ3選

 

バイク用ヒートガードのおすすめまとめ

バイク用マフラーヒートガードの効果は?

バイクマフラーからの排熱による火傷を防ぐ役割りを持ちます。また、火傷だけでなく、ズボンが知らぬ間に焦げたり、サイドバックなどがマフラーに干渉して焦げて穴が空いていた…なんてケースも多いです。

そのため夏場など気温が高い時にはかなり役に立つアクセサリーです。

なるべく導入して、不要な事故によるリスクを下げましょう。

バイク用ヒートガードの持参は絶対にやめよう

ヒートガードを導入したいけど、わざわざ買わなくても持参できる!と思って、自作している方も多いですが、自作はかなり危険です。

マフラー周りは非常に高温になるため、熱に耐久性のあるものを利用しないと走行時に燃えてしまったり、エンジンを切ってる間に発火したりする可能性も十分に考えられます。

必ず市販さらているヒートガードを利用しましょう。

バイク用ヒートガードのおすすめ2選

デイトナ サイレンサーヒートガード
デイトナ(Daytona) サイレンサーヒートガード【汎用】 49507
 

Amazonベストセラーランキング第1位

バイクのアクセサリー用品といえばデイトナ!そんなデイトナから発売されているヒートガードは、非常にシンプルでデザイン性も高く、どんなバイクに利用しても違和感がないと思います。

DRC ヒートプロテクター
ディーアールシー(DRC) ヒートプロテクター ユニバーサル D31-02-201
 

ヒートガードガード部分がそこまで大きくないため、バイクデザインが崩れることもなく気軽に取り付けられる。取り付け方もマイナスドライバーで回すだけで装置できるし、自分のライディングポジションにあった好きな場所に設置できるのが最大のポイント。

本革用バイクヒートガードのおすすめ

デグナー ヒートガード 

マフラー部分に取り付けるヒートガードではなく、自分の太もも部分に巻きつけるヒートガードです。

ミニポケットも付いているため、ちょっとした小物を入れておけるのも嬉しい。アメリカンバイクやハーレーダビッドソンのようなバイクとのデザインの相性は抜群。