バイクシークス

バイクを探している方に向けたおすすめのバイク紹介やバイクに関するニュースをまとたブログメディア

原付バイクのスピード違反の罰金と反則点数は?

f:id:blog-japan:20180915051209p:image

原付バイクのスピード違反の罰金と反則点数まとめ

原付バイクのスピード違反の罰金と反則点数

原付きバイクはスクーターのため基本的にスピードが出ませんが、もちろんスピード違反の法律やルールが存在しています。

50ccの原付バイクは「30km」が制限速度になっています。

そのため制限速度が40kmのような道路標識や60kmのような道路でも30km以上スピードを出すとスピード違反の反則になります。

15Km未満                 反則点数は1 反則金は6,000円
15km以上20km未満 反則点数は1点 反則金は7,000円
20km以上25km未満 反則点数は2点 反則金は1万円
25km以上30km未満 反則点数は3点 反則金は1万2,000円

30km以上50km未満 反則点数は6点 簡易裁判で罰金決定(赤キップ)

50km以上     反則点数は12点 簡易裁判で罰金決定(赤キップ)

上記を読んでわかる通り、30km以上を出してしまうと赤キップを切られてしまい、簡易裁判所に出向かないといけません。

自動車よりも反則金は安いですが、反則点数は自動車と同じなので注意しましょう。

反則金・罰金の支払い方法

簡易裁判所に出向く必要がない青キップ交通違反日の翌日から7日間以内

支払い方法は銀行または郵便局に、反則時に警察官から貰った納付書を持っていく必要があります。

「分割払いも行なっている」というウワサは良く耳にしますが、分割払いは行なっていませんのでご注意下さい。

赤キップの場合簡易裁判所で罰金が決定するため、指定された日時に簡易裁判所に出向く必要があります。

仕事や学校などにも影響するため、赤キップは絶対にもらわないように交通ルールは必ず守りましょう。