バイクシークス

バイクを探している方に向けたおすすめのバイク紹介やバイクに関するニュースをまとたブログメディア

バイクのヘルメットが臭い!洗い方まとめ

バイクに乗る時になくてはならいないのがヘルメット。季節によっては汗をかいてムレたまま放置していると雑菌が繁殖してヘルメットの臭いの原因に繋がります。

でもバイクのヘルメットのメンテナンスや臭いケアはどうやれば良いの?という方に向けた「気になる臭いヘルメットの洗い方」をまとめました!

合わせて読みたいバイクのヘルメット記事

ショウエイの人気おすすめヘルメット10選【SHOEI】 - バイクシークス

フルフェイスヘルメットの人気おすすめ13選 - バイクシークス

f:id:blog-japan:20171116032024j:image

目次

バイクのヘルメット洗い方まとめ

内装が取り外せないヘルメットの洗い方と臭いケア

半ヘルと呼ばれるアゴの部分まで保護の無いヘルメットの多くは内装が無い(取り外せない)タイプが多いです。

安全のためにもフルフェイスやジェットタイプのヘルメットが良いのはもちろん、臭い対策という面においても半ヘルはおすすめできません。

内装が無いため、専用クリーナーや中性洗剤の水溶液を染み込ませたタオルで汚れを押し出すように拭いてあげましょう。

内装が取り外せるヘルメットの洗い方と臭いケア

フルフェイスやジェットタイプのヘルメットの多くは内装が取り外せると思います。

中性洗剤を薄めたぬるま湯やヘルメット専用シャンプーて汚れを押し出すように揉み洗いをしましょう。一部の方は選択ネットに入れて洗濯機で洗う方も多いようですが型崩れの原因にも繋がりますので、なるべく手洗いで行うのをおすすめします。

ヘルメットを洗い終わったら日向か日陰で干そう!

日向と日陰2つを使い分けることでメリットとデメリットがあります。

日向干しの場合

  • 消臭効果がある
  • 型崩れがしやすい

日陰干しの場合

  • 型崩れしにくい
  • 消臭効果が薄い

フルフェイスなど良いヘルメットを使ってる場合は日陰で干した方が、型崩れがしにくいのて長く使い続けることができます。

臭いがキツい時は日向で干してメンテナンスや日々のケアの場合は日影で干すことをおすすめします。

バイクのヘルメット臭い対策は?

ヘルメットを清潔に保つには日々のメンテナンスとケアが必要です。

ヘルメットの保管場所を風通しの良い場所にしたり、雨に濡れた際はしっかり乾燥させることが重要です。

また、ヘルメットが雨に濡れた場合はベンチレーションから水を抜いて風通しの良い場所で乾燥させましょう。

バイクヘルメットの臭い対策グッズ

バイクのヘルメットインナー

ヘルメットの前に被るインナーキャップは汗をヘルメットの内装に染み込ませないようにさせるために、臭いの対策になります。

また、速乾性もあるため夏場などはヘルメット内がベタベタしたりジメジメしないのでストレス軽減にも繋がります。

消臭スプレー 
ファブリーズメン 消臭スプレー 布用 香りが残らない 370mL

ファブリーズメン 消臭スプレー 布用 香りが残らない 370mL

 

バイクヘルメット用の消臭スプレーなども専門店では販売していますが、そこまでお金をかけたく無い人はファブリーズなどの消臭スプレーでも効果的です。

ただ、必ず布用タイプの消臭スプレーで香りの無い無香料タイプを購入しましょう。

また、消臭スプレー使用後は必ず風通しの良い場所で保管するようにしましょう。

合わせて読みたいバイクのヘルメット記事

ショウエイの人気おすすめヘルメット10選【SHOEI】 - バイクシークス

フルフェイスヘルメットの人気おすすめ13選 - バイクシークス