バイクシークス

バイクを探している方に向けたおすすめのバイク紹介やバイクに関するニュースをまとたブログメディア

バイクのアクセサリー用品一式をまとめ【初心者におすすめ】

通勤や通学に原付きバイクを利用する人が増えてきた影響もあり、中型バイクや大型バイクの興味関心も増えてきたが、未だにバイク関連のアクセサリー用品については関心度が低い。
バイクアクセサリーは、自分の安全を守るのはもちろん、疲労軽減や防寒対策にもなるため必ず備えておきたい商品だ。
 
そこで今回はバイクのアクセサリー用品を一通りピックアップしたのでまだ購入していない商品があったら必ずチェックしておこう。


バイクのアクセサリー用品一式まとめ

目次

ヘルメット

フルフェイスヘルメット
f:id:blog-japan:20170224152327j:image

頭部を丸ごとカバーしているヘルメットのため、ロードスポーツなどに使用されている。
そのためヘルメットの中では1番安全性が高いヘルメットです。
また、シールドの機密性も非常に高く寒い時期には非常におすすめできるヘルメットです。

おすすめ関連記事

システムヘルメット
f:id:blog-japan:20170224113612j:image

オープンフェイスのヘルメットに可動式のチンガード(シールド)を装着したヘルメットがシステムヘルメット。
可動式のシールドを装着しているためフルフェイスヘルメットより構造が複雑のためヘルメットがやや重い。
しかし元の構造がフルフェイスヘルメットのため安全性は高い。
ツーリングや街乗りに非常におすすめしたいヘルメットです。

オープンフェイス(シールド無し)
f:id:blog-japan:20170224114223j:image

バイク用ヘルメットとして一番ベーシックなヘルメット。
ヘルメットのホックにバイザーやシールドが装着できるようになっているためカスタマイズ性が非常に豊富なオープンフェイスヘルメット。
走行中にゴミや虫などが顔に付くので、必ずシールドは着用するようにしよう。

オープンフェイス(シールド有り)
f:id:blog-japan:20170224114116j:image

先ほど紹介したオープンフェイスヘルメットに、シールドが装着されているタイプのヘルメット。
どのメーカーのオープンフェイスヘルメットでも簡単にシールドの開け閉めができる。
街乗りはもちろん、ツーリング用途にも非常におすすめできるヘルメットです。


バイクウェア

ジャケット(ライディングジャケット)
f:id:blog-japan:20170224115041j:image

以前までのライディングジャケットは、春夏秋冬に合わせて「4枚」のライディングジャケットが必要でしたが近年では、取り外し型のインナーが備わっているため3シーズンやオールシーズン使えるものが増えてきています。
安全性を考えた原色タイプのジャケットから街乗り用にシックなデザインカラーのライディングジャケットまで品揃えは豊富に。
安全性をより高めるためにもジャケットは必ず購入しましょう。

メッシュジャケット
f:id:blog-japan:20170224115622j:image
春夏タイプの定番とも言えるのがメッシュタイプのライダーズジャケット。
ポリエステルメッシュやビッグホールメッシュ、エアスルーメッシュ、ナイロンなど自分の肌や好みにあったタイプのメッシュジャケットを購入しよう。

レインウェア(レインコート・レインスーツ)
f:id:blog-japan:20170224120137j:image

バイクを運転中の雨は非常に危険。
視界はもちろん、衣服が濡れると何かと気が散ってしまうため非常に危険度が増す。
そんな雨でも快適に走るためにはレインウェアは必須。
自分の命を守るためにもレインウェアは必ず用意しておこう。

バイクグローブ

グローブ
f:id:blog-japan:20170224120604j:image
「バイクグローブは寒い時に着用するもの」
と考えているかもしれませんが、転倒時の際に一番ケガをするのが手です。
転倒時のケガを防ぐのはもちろん、素手よりも運転はしやすく、非常に疲れにくいので長距離走行の際には必須のバイクアクセサリー。
メッシュタイプのエアライングローブやプロテクター付きのプロテクショングローブなど数多くのグローブが発売されています。

ライディングシューズ

シューズ
f:id:blog-japan:20170224120940j:image
大型バイクは停止した際に、足でしっかり車体を支える必要があるため、ライディングシューズを着用しているライダーも少なくない。
万が一の転倒や立ちごけの際に足を保護してくれる。
もちろん防風や防水性にも優れているため自分にあった多機能付きのライディングシューズは購入しておきたい。

プロテクター

胸部プロテクター
f:id:blog-japan:20170224121508j:image
バイクの死亡事故の第1位が頭部で48%
それに続いて第2位が胸部で27%。腹部に至っては6%ほどだが、合わせると約33%近く胸回りで死亡している。
プロテクターの値段はそこまで高くないので買って損はありません。
知らない土地を走ったり、長距離走行の際には転倒など危険度も増えるので必ず着用するようにしたいバイクアクセサリーだ。