バイクシークス

バイクを探している方に向けたおすすめのバイク紹介やバイクに関するニュースをまとたブログメディア

ビッグスクーターにおすすめのアクセサリー装備まとめ

ビッグスクーターにおすすめのアクセサリーまとめ

ビッグスクーター用おすすめヘルメット

f:id:blog-japan:20180513014617j:image

ビッグスクーターが納車する前に必ず買っておきたいのがヘルメットです。ヘルメットにも数多くのがタイプが存在していますが、ビクスク乗りに多いのが半ヘルと呼ばれるキャップ型のヘルメットタイプ。

ただ、利便性や安全面を考慮するならフルフェイスやジェットタイプのヘルメットもおすすめです。

下記で誰でも簡単に自分に合うヘルメットの選び方を紹介しています。

 

ビッグスクーター用スマホホルダー

f:id:blog-japan:20180513014843j:image

ビッグスクーターが納車したら必ず装着しておきたいアクセサリーといえばスマホホルダーです。

Googleマップをカーナビ代わりに利用したい方やバイクでスマホを充電したい方には必需品のアクセサリーです。最近ではQiと呼ばれるライトニングケーブルを使わずに、スマホホルダーに置くだけで充電されるワイヤレス充電に対応したスマホホルダーも発売されています。

 

ビッグスクーター用バイクカバー

f:id:blog-japan:20180513015852j:image

バイク用カバーは、防犯はもちろんシート劣化を防ぐためにかなり役に立つ商品です。

ビッグスクーターは盗難被害が多く狙われやすいため、新車であればなおさら購入しておきたい。価格も1000円程度で買えるため持っていて損は無いです。

 

ビッグスクーター用ドライブレコーダー

f:id:blog-japan:20180513020516j:image

バイク乗りもドライブレコーダーが必須な時代になってきました。事故などトラブルに巻き込まれたりした際には証拠になるためできれば購入しておきたいアクセサリー。

バイク専用のドライブレコーダーも販売されていますが、個人的にはGoProなどのアクションカムの方が画質や手ぶれ補正に強いのでおすすめです。また、モトブログのような撮影をしてYouTubeなどにアップしたい方にはSONYのFDR-X3000をおすすめします。

下記で詳しく比較していますので参考にして下さい。

バイク用ヒートガードのおすすめ3選

 

バイク用ヒートガードのおすすめまとめ

バイク用マフラーヒートガードの効果は?

バイクマフラーからの排熱による火傷を防ぐ役割りを持ちます。また、火傷だけでなく、ズボンが知らぬ間に焦げたり、サイドバックなどがマフラーに干渉して焦げて穴が空いていた…なんてケースも多いです。

そのため夏場など気温が高い時にはかなり役に立つアクセサリーです。

なるべく導入して、不要な事故によるリスクを下げましょう。

バイク用ヒートガードの持参は絶対にやめよう

ヒートガードを導入したいけど、わざわざ買わなくても持参できる!と思って、自作している方も多いですが、自作はかなり危険です。

マフラー周りは非常に高温になるため、熱に耐久性のあるものを利用しないと走行時に燃えてしまったり、エンジンを切ってる間に発火したりする可能性も十分に考えられます。

必ず市販さらているヒートガードを利用しましょう。

バイク用ヒートガードのおすすめ2選

デイトナ サイレンサーヒートガード
デイトナ(Daytona) サイレンサーヒートガード【汎用】 49507
 

Amazonベストセラーランキング第1位

バイクのアクセサリー用品といえばデイトナ!そんなデイトナから発売されているヒートガードは、非常にシンプルでデザイン性も高く、どんなバイクに利用しても違和感がないと思います。

DRC ヒートプロテクター
ディーアールシー(DRC) ヒートプロテクター ユニバーサル D31-02-201
 

ヒートガードガード部分がそこまで大きくないため、バイクデザインが崩れることもなく気軽に取り付けられる。取り付け方もマイナスドライバーで回すだけで装置できるし、自分のライディングポジションにあった好きな場所に設置できるのが最大のポイント。

本革用バイクヒートガードのおすすめ

デグナー ヒートガード 

マフラー部分に取り付けるヒートガードではなく、自分の太もも部分に巻きつけるヒートガードです。

ミニポケットも付いているため、ちょっとした小物を入れておけるのも嬉しい。アメリカンバイクやハーレーダビッドソンのようなバイクとのデザインの相性は抜群。

ハーレーダビッドソンにおすすめなオイルまとめ!

ハーレーダビッドソンにおすすめオイルまとめ

ハーレーは3箇所オイル交換する場所がある!

  • エンジンオイル
  • ミッションオイル
  • プライマリーオイル

ハーレーには3箇所のオイル交換する場所があります。定期的にオイル交換を行うことでバイクの寿命と性能が格段に上がるため、愛車のためにもしっかりメンテナンスしていきましょう。

ハーレーのエンジンオイルの交換時期は?

エンジンオイルはハーレーダビッドソンの中で1番重要な部分のオイルです。ハーレーのエンジンは主に空冷を採用しています。そして油冷でもあります。走行することによって風がエンジンの熱を冷ましてくれます。

都心部のような信号機が多かったり渋滞している道路での走行では、エンジンが熱くなりやすく、全然冷めません。そのため都心部や渋滞が凄い地域ではオーバーヒートになりがちです。

そのためエンジンオイルは、季節に合わせて変更するのがおすすめで3〜4ヶ月に1度は交換しましょう。

ハーレーのミッションオイルの交換時期は?

ギアの部分に入っているオイルがミッションオイルです。ギア変更の際に、ギアがスムーズに噛み合うようにする役割があります。

この部分のオイル変更は、人によって様々ですが、目安として5000kmに1回、それ以下の場合は半年に1度の交換が最適だと言われています。

ハーレーのプライマリーオイルの交換時期は?

プライマリーケースの中にあるプライマリーチェーンという部品を潤滑にさせるオイルです。

エンジンによって生み出されたパワーをギアに伝える役割があります。この部分が潤滑で無いと、ハーレー本来の乗り味が発揮できないと言われています。

プライマリーオイルの交換タイミングは年に1度を目安にして交換しましょう。

ハーレーのオイル表記の見方は?

ハーレーのオイルは「20W50」「シングル50」の2つを購入しておけば間違いありません。

「20W50」のようにWが入っている表記はウィンターの略で、4℃〜38℃に適したオイルと言われています。そのため、Wが入っているオイルはW=ウィンターのため冬専用

「シングル50」のようにWの表記が無いオイルは暖かい季節や夏場専用のオイルだと思って下さい。

そのため最低でも季節ごとにエンジンオイルは変更しましょう!

ハーレーにおすすめのエンジンオイル 

エンジンオイルは、純正品を始め各メーカーが色々な商品を発売していますがエンジンオイルは純正品に限ります!

個人的には季節の変わり目など、気温差が変わるタイミングで純正品と廉価版のエンジンオイルで差を感じてしまいました。愛車を大事に使いたいなら純正品のエンジンオイルが1番良いです。ただ、廉価版でも運転に支障はありません。

ハーレーにおすすめのミッションオイル

こちらもハーレーダビッドソン純正品のミッションオイルです。ミッションオイルも夏場と冬場の2回に分けて交換することをおすすめします。廉価版で有名なモーターファクトリートランスミッションのオイルでも問題ありませんが、個人的には純正品の方がしっくりくる感じがありました。

ハーレーにおすすめのプライマリーオイル

● レブテックビッグツイン用プライマリーオイル

● レブテックビッグツイン用プライマリーオイル

 

 価格も安くレビューの評価も非常に高いプライマリーオイルで私も利用しています。プライマリーオイルも他のオイル同様に同じような類似商品があるのに価格もバラバラで、迷ってしまいますが最初はなんでも良いと思います。

理由は簡単で、自分のバイクに合うか、自分が乗って違和感を感じないかが重要になってきます。最初は好きなメーカーのプライマリーオイルを買ってみて、色々と試してみるのが1番良いです。

個人的には、プライマリーオイルはどれも大差が無いため忘れずに年に1回は必ず交換してあげることが重要だと思います。

バイクの廃油処理の方法とオイル交換

バイクの廃油処理とオイル交換まとめ

バイクのオイル交換の方法は?

初心者でも簡単にできるメンテナンスで、バイク乗りならみんな必ず経験しているのがオイル交換です。

近年では下記の写真のようなオイルチェンジャーと呼ばれる、上抜きでオイルを吸い出す機械が安価で販売されています。

手軽にオイル交換!手動式オイルチェンジャー 能力4L/分 容量6L

手軽にオイル交換!手動式オイルチェンジャー 能力4L/分 容量6L

 

オイルチェンジャーを使えば、昔のように下に受け皿を置いて、オイルを垂れ流して交換することが無いので、オイルの飛び散りなどによる汚れや面倒な作業が無くなりました。

そのため、オイル交換をする際には、オイルチェンジャーによる交換がおすすめです。

オイルパックを使った廃油処理の方法

オイル交換は簡単に行えるようになったけど、1番問題なのが廃油処理です。

廃油処理の方法がわからないため、オイル交換をしない!なんてライダーもたまにいますが、オイル交換を定期的に行わないとバイクの寿命が早まってしまうため、定期的に行いましょう。

廃油処理は、先ほど紹介した、オイルチェンジャーで吸い出した廃油を下記のようなオイルパックに入れて処分します。オイルパックのなかには凝固剤や吸収剤が入っているため簡単に処理が可能です。

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604

 

オイルパックは200円程度で購入ができるため、安価で1番簡単に廃油を処分できる方法です。また、オイルチェンジャーが無い人は、バイクの下にオイルパック(廃油処理箱)を置いて、オイルを垂れ流して下さい。

オイルパック(廃油処理箱)が廃油を吸収してくれるので、後は廃油を燃えるゴミなどの方法で処分するだけ!

手作りのオイルパックはやめておこう!

ビニール袋にティッシュペーパーやトイレットペーパーを入れて、簡易的な凝固剤や吸収剤として利用し処分している方がいるそうですが、自治体によっては、吸収しきれてない廃油や固まってない廃油は燃えるゴミで処分してくれません!

そのため、200円程度のオイルパックをケチらずに、オイルパックを必ず購入して処分した方が良いと思います。

廃油の処理方法は?燃えるゴミ?

自治体によって廃油処理の方法は違います。

私の地域では、オイルパックに入れたら「燃えるゴミ」で処分が可能ですので、基本的には燃えるゴミで処分ができると思います。

また、ガソリンスタンドや自動車設備施設、オートバックスなどのバイク屋さんでは、廃油を無料で引き取ってくれたり、買取ってくれることもあります。

廃油は、ボイラーや暖房器具などの燃料になるため、業者によっては1L=10円程度で買取りしてくれます。

ただ、買取り条件も10L以上!などの条件もあるため、一定数の廃油が貯まるまで、家に廃油を保管しなくてはいけないデメリットもあるので注意!

バイクの廃油処理方法まとめ

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604

 
  • 上記のオイルパックを購入する(200円)
  • 廃油をオイルパックに入れて処分
  • 燃えるゴミでOK(※自治体による)

夏用バイクグローブのおすすめと選び方!

バイク用の夏用グローブおすすめまとめ

夏用のバイクグローブは必要?

バイクを運転する上で、バイク用グローブの着用は義務付けられていませんが、万が一の転倒の際には、手の皮膚のケガに繋がり大変危険です。

そのため、暑い季節でもバイク用グローブは着用するようにしましょう!

夏用のバイクグローブの選び方は?

バイク用グローブを選ぶ5つのポイント

  • 素材や材質
  • 機能性や安全性
  • ブランド
  • 価格
  • デザイン

 バイク用グローブを選ぶ際のポイントはこの5つです。夏用のバイクグローブを選び方として、1番ポイントになるのが「涼しくて蒸れない」だと思います。ただ、これに重点を置き過ぎてしまうと、バイク用グローブの安全性が損なわれてしまうため、涼しさなどの機能面と安全面のバランスが大切になります。

バイク用グローブの素材や材質から選ぶには?

夏用のバイク用グローブの選択肢は「革製」「ナイロン製」の2つです。自分の用途にあった製品を買いましょう!

【革製品の場合】

メリット

  • 安全面や耐久性が高い
  • 使うと馴染む
  • デザインや高級感が良い

デメリット

  • 雨に弱い
  • 蒸れやすい
  • 濡れると乾きにくい
  • メンテナンスが必要

【ナイロン製の場合】

メリット

  • 濡れてもすぐに乾く
  • メッシュ部分があり蒸れにくい
  • 価格が安価

デメリット

  • 安全面や耐久性が低い
  • デザイン面で安っぽく感じる
  • 買い替え頻度が高い

革製の夏用バイクグローブおすすめ

KADOYA NKG-2 MESH 

NKG シリーズにサマーバージョンが登場。夏のライディングに適したショート丈で、パンチホール加工を施した甲革が走行風を取り入れ体熱を発散させます。シンプルでスタイルや車種を問わずに合わせやすいデザインとなっています。

KADOYAは戦前から革製品を官庁に卸していたり、日本のモータースポーツ界隈で有名な「浅間火山レース」時代からライダーに愛されていた老舗ブランド。

このモデルはパンチングメッシュグローブになっているため、革製品なのにメッシュ加工を施しており、夏でもノンストレスな製品です。

クシタニ EXエア-エフェクトグローブ EX-5216 

パンチングメッシュの牛革にトリコットを効率良く配置して優れたフィット感を実現しました。 2WAYトリコットは、指の付け根のマチ部分にも使用しています。 手型縫製、内縫いで仕上げています。

KUSHITANI(クシタニ)はバイク用アクセサリーをメインに販売しているブランドで、こちらも浅間火山レースの参加者からライダーの意見を聞いて毎年のように改良を重ねて有名になりました。革製品なのにパンチメッシュグローブのため通気性抜群で蒸れにくいのが特徴です。

ナイロン製の夏用バイクグローブ

KOMINE(コミネ) グローブ GK-183 

メッシュ素材。リフレクター付き。立体裁断。軽快メッシュグローブ。
従来モデルの各パーツの素材や形状を改良し、耐久性と通気性を向上。適度なプロテクションとメッシュの面積を大きく設けた軽快メッシュグローブ。

コミネから販売されている夏用バイクグローブです。プロテクターもしっかり装備しているためナイロン製ながら安全面もバッチリ。ナイロンは非常に薄いため、着用のストレスもほとんど感じず、ピッタリとした装着感は安心感を生んでくれる。また、細かな操作は難しいがスマホの操作も可能です。

RSタイチ(アールエスタイチ)バイクグローブ  RST431

シンプルなルックスにプロテクションを併せ持った安心感 1.ラバーナックルプロテクション 2.アクションフレックスパネル 3.TPRプロテクション 4.スマホタッチ

バイク好きであれば誰もが知ってる有名メーカーのRSタイチが開発した夏用のバイクグローブ。

驚くほどの装着時のフィット感と、夏でも抜群の通気性が最大のウリ!また、スマホ操作もできるのが嬉しいバイクグローブです。

バイク用サングラスのおすすめランキングまとめ!

夏場など日差しが強い日にスモークがついたヘルメットシールドを着用しているライダーも多いが可視光線透過率が低いと田舎道や夜間の走行は視野が悪くなり非常に危険。

そんな時は、着脱可能なバイク用サングラスがおすすめです。

バイク用サングラスのおすすめランキング

Amazonベストセラー1位のバイク用サングラス 

BOBSTER (ボブスター) レネゲード サングラス ゴーグル 調光レンズ BREN101 (日本正規品)

BOBSTER (ボブスター) レネゲード サングラス ゴーグル 調光レンズ BREN101 (日本正規品)

 

材質 : ポリカーボネート製フレーム、フォトクロミックポリカーボネート素材レンズ(調光レンズ/屋内と屋外、また昼間と夜間など、周囲の明るさにより透明度を変え、光の入る量を自ら調節するレンズ。)
付属品 : ストラップ、クローズドセルフォーム、クリーニング用クロス、キャリーケース

Amazonベストセラーランキング1位 

レビューや評価も非常に高いバイク用サングラスです。高速での走行の際にオープンヘルメットだと風や虫が当たるため、バイク用サングラスは必須。こちらの商品はサングラスというよりゴーグルに近く、大きめで非常に使い勝手で良いバイク用サングラスです。

春は花粉対策としてもかなり有効でした!

COOLBIKERSのバイク用サングラス 

レンズカラー/スモークミラー
相手からはミラーなので目が見えません
レンズサイズ/横65ミリ×縦35ミリ
フレームカラー/ブラック/クリア 全体の幅140mm
可視光線透過率/30パーセント 紫外線透過率1.0パーセント以下

COOLBIKERSから販売されているバイク用サングラスです。非常に安価で2000円で買えるため、オープンヘルメットなどバイクシールドがないヘルメットを着用してる方にはおすすめします。安価の商品だが、曇らない程度に風が入り通気性も良いです。慣れない日差しで長時間運転する際のために1つは持っておきたいバイク用サングラスです。

スオーミーのバイク用サングラス

スポンジパッド装備モデル!
風・ホコリの侵入を防ぎます。花粉対策にもオススメです。

SUOMYサングラスは、ライディング、スポーツ、ライフスタイルなど様々なカテゴリーで活躍でき、コストパフォーマンスも高い商品です。

<特徴>
・ 日本人の骨格に合わせた専用設計
・ ポリカーボネートフレーム
・ ポリカーボネートレンズ
ガラスやアクリル素材より耐衝撃性に強く、防弾ガラスなどにも採用されている素材。
耐熱性も高く、熱による変形にも強いです。UVカット成分配合。

スオーミー(Suomy)から販売されているバイク用サングラスです。

スポンジパッド装備モデルながら安価で、レビューや評価も非常に高い商品で人気があります。カラーやレンズカラーも豊富のため自分にあったデザインが選べるのも嬉しい。街乗りや通勤用に1つ購入してみてはいかがでしょうか。

バイク用胸部プロテクターのおすすめランキング

バイクライダーの死亡原因第2位が胸部打撲による死亡です。ヘルメットは義務付けられているがプロテクターには義務が無いため着用せずに命を落とす方がたくさんいます。

ヘルメットより安価で5000円程度で買えるため、ぜひ胸部プロテクターの購入を検討してみてください。

バイク用胸部プロテクターのおすすめランキングまとめ

ベストセラー1位の胸部プロテクター 

胸部と脊椎をしっかり保護するボディプロテクター。体の動きにしっかり追従する新型プラスチックシェルを採用したバックプロテクターに加え、重要な胸部の保護には男性サイズ(CE規格)と女性サイズで異なる形状のシェルを採用しています。立体メッシュを内側パッドに使用し快適性も向上しています。

コミネから販売されている胸部プロテクターです。サイズはM・L・XL・2XL・レディースの5種類のサイズを用意。

Amazonベストセラーランキング1位の商品の商品でレビューや評価の数はずば抜けています。夏場はムレ感は感じるが、守れている装着感はかなり強く非常に安心感を感じるプロテクターです。

QIHANGのバイク用胸部プロテクター

軽い!薄い!軽量で衝撃吸収性と通気性に優れる積層繊維織物を内蔵します。ベルトが調整でき、さまざまなスタイルに合わせます。全面的な保護を提供します!
素晴らしい胸部プロテクター(胸、背中、椎骨のガード)すべてのメッシュシャツ事に取り付けられています。胸、背中、椎骨の防護部分は高強度、丈夫なナイロンのファブリックを採用し、穴は多く、クローズで超透気を保証することができます。通気で、蒸し暑くない!

QIHANGから販売されている胸部プロテクターです。サイズはS・M・Lの3種類。値段も3000円程度のため、初めてバイクを買う初心者ライダーさんへのプレゼントにおすすめです。

他のプロテクターに比べると薄いため、ファッションを選ばないため、厚手のジャケットを着ていても着用できるため非常に使いやすい胸部プロテクターです。

RSタイチのバイク用胸部プロテクター

●レーシングテクノロジーをフィードバック●軽量かつ抜群の衝撃吸収性と通気性を併せ持つストリート仕様のチェストプロテクター●・PVCプレート+ハニカム+EVAフォームという特性の異なる素材を組み合わせ、優れた衝撃吸収力を実現・製品化には落下衝撃試験の結果をもとに、素材の組み合わせや厚みなどを決定・衝撃吸収コアには通気性に優れ、軽量で衝撃吸収性に優れるポリカーボネイト製ハニカム材(8mm厚)を採用・落下衝撃試験の結果により、優れた衝撃吸収力を実証・オプションのフィッティングベルト(TRV036/\1,050)を使用することで、CPS非対応のジャケット着用時にも装着可能

RSタイチから販売されている胸部プロテクターです。RSタイチといえば、バイク好きなら誰もが知っている有名メーカー。 

ブランド名が安全性を保証してくれているためこの胸部プロテクターを愛用しているライダーも少なくない。また、ハニカム材を採用しているため、他の胸部プロテクターメーカーに比べると圧倒的に優れた衝撃吸収力が最大の特徴。